ダットサン510ブルーバード

日産ブルーバード

ブルーバードは日産を代表する大衆車で、トヨタコロナと人気を二分していた車種だ。
当時は日産ではなくダットサンブルーバードであった。

中でも3代目となる510ブルーバードは、熱きプリンスの魂L型エンジンを積み、日産初となる四輪独立懸架を採用するホットなモデルであった。
実際デトロイトなど北米市場で大ヒットをとげ、海外ではプアマンズBMWと呼ばれるまでに至っている。
1970年にブルーバード最高峰モデルとなるSSSがバージョンアップされ、一段とスポーティーなイメージが強くなった。

ブルーバードはモータースポーツにも積極的に参戦している。
第18回東アフリカサファリラリー(1970年)では総合・チーム優勝の2冠を達成し、ラリーの日産というイメージを定着させている。

510ブルーバード1600SSSスペック

1970年代を駆け抜けた510ブルーバード1600SSSのスペックデータ。

  • ボディ形状:2ドアクーペ・4ドアセダン
  • エンジン:水冷直列4気筒SOHC
  • 排気量:1595cc L16型
  • パワー:100ps/6000rpm トルク:18.5kgm/4000rpm
  • 駆動方式:FR
  • サイズ:4120mm×1560mm×1400mm
  • ホイールベース 2420mm
  • 重量 915kg
  • 最高速:165km/h
  • 価格:75.5万円

510ブルーバードオークション
※ヤフオク!へ飛びます。

ページ上部へ戻る