WiFi WALKER HWD11 SSIDの有効化方法

SSID2

WiFi WALKER LTE HWD11のSSID2の有効化の方法についてのページです。
デフォルトではSSID1のみ有効になっていますので、SSID2を利用する場合設定が必要となります。

但しセキュリティの観点からSSID1のWPA Keyの利用をおすすめします。

SSID2の有効化手順

PCとLTE HWD11をSSID1で接続する。
ブラウザからWiFi WALKER LTE設定ツールにアクセスする。

http://au.home/
ユーザー名:admin
パスワード:SSID2 WEPKey(同梱のシールに記載している5桁の数字)
WiFiWALKER LTE管理ツール1

ログイン完了画面

WiFiWALKER LTE管理ツール2

グローバルメニューの設定から基本設定で接続モードをLTEを選択、適用
※プルダウンメニューには自動、LTE、WiFiの3種類があります

WiFiWALKER LTE管理ツール3

サイドメニューのLAN設定のセキュリティ設定画面を開く
SSID2モジュールをオンを選択、適用で完了

WiFiWALKER LTE管理ツール4

WiFiWALKER LTE管理ツール5

SSID2のまとめ

SSID2の利用にあたっては、セキュリティ設定でオンにしなければ使えません。
また、LTEモード以外の接続モードではご利用いただけません。

SSID2はオン、オフ出来ますがSSID1はオフにはできません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る